オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングには確実に歯が白くなる方法です。このオフィスホワイトニングをする事でのメリットデメリットをお伝えします。

メリットは1回目の処置でホワイトニングの効果がでるので、早く白い歯になる効果を得たい人にはお勧めです。医師が使う事ができる高濃度の薬剤と強い光を当てる事で漂白をする事ができるので、色を出す事ができます。さらに2回3回と続けてする事によって、さらに効果を得る事ができます。歯の黄色さや黒さを気にする人は、かなりの効果が期待できます。

デメリットは、1回の処置で白くなりますが、時間と共にもどってしまう事です。3回程すると効果があると言いましたが、それでも続けてオフィスホワイトニングしないと、もとにもどってしまいます。半年か1年ほどに1度は通うなど、オフィスホワイトニングに通い続ける事が白さを保つ秘訣です。

またオフィスホワイトニングに使われる薬剤は安全なものでもありますが、濃度の濃いものを使うので、痛みが出る事もあります。今は出ない方法や技術ができてきていますが、中には痛みを伴う人もいるようです。そういった濃い薬を使う事で、白くなるメリットのある半面、そういったデメリットもあります。

オフィスホワイトニングとは

肌がきれいだね、と言われるのと同じように、歯がキレイという人は、印象が好印象です。歯がキレイだね、という誉め言葉はあまり聞きませんが、汚い人よりも清潔感は何倍も違います。特に芸能人は歯が命というCMがあったくらいに芸能人の人たちは歯が白くてキレイです。人に見られる職業というのもあり、やはり歯が白いと印象が変わる事から多くの人が意識しているのかもしれません。

芸能人の人も多くしているというのがオフィスホワイトニングと呼ばれるものです。ここ最近よく見聞きするようになりました。歯医者で取り入れている所も少なくありません。薬剤と光を当ててする方法で、少し人工的な色にも見えがちですが、歯を白くすることができます。歯自体には影響はなく、むしろキレイに見えるので、注目度が高いものです。

オフィスホワイトニングは、もともと日本で作られたものですが、日本での許可が得られなかった事からアメリカで使われるようになった事で、逆輸入ものです。濃度の高い漂白剤(過酸化水素)使う事で許可が下りなかったのもあり、安全性はわかっていながら立証できないのもありましたが、アメリカでの実体験や実証があるおかげで、今はオフィスホワイトニングが日本でも安全なものという事の認識ができています。

同じものでホームホワイトニングというものがあります。違いは薬の濃度で、オフィスホワイトニングの方が濃いので早く白くなります。ホームホワイトニングは薄い薬剤なので時間をかけて白くなります。