オフィスホワイトニングの費用

オフィスホワイトニングは実際に濃い薬剤と光をあてて、歯を白くする方法です。薬剤や光を使用するために、料金設定は高めです。

オフィスホワイトニングの料金設定は歯科医によって変わりますが、3万円から6万円です。ホワイトニング専門歯科というのがありますが、一般歯科よりも安い価格で1万円から3万円くらいでできるようになっています。ここ最近はホワイトニングをする人も増えてきているので、1回数千円と安い価格での歯科も出てきているので調べてみるといいかもしれません。

オフィスホワイトニングには追加料金が発生する事があります。発生するのはクリーニングする際の料金です。5000円くらいの追加料金と言われています。追加料金の説明があるかどうか、実際に発生するかどうか調べておく必要があります。

今クーポンサイトなので、安いクーポンを買って歯科に行くことでお得な価格でオフィスホワイトニングできるところもあります。こまめなチェックが必要です。

オフィスホワイトニングでも施術の後には歯科にいかなければなりませんし、数回の通いに比べ、半年に1回は行く必要があります。1回目が終ってから、数週間後にはまた施術という場合もあるので、高価な歯科メンテナンスと言えます。

オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングをする時の流れになります。まず、歯科医師の問診と口腔内を診察します。虫歯やひび割れ、さらには歯周病の場合など、歯が沁みる、または強い痛みを感じる事があるので施術をする事ができないからです。この場合に虫歯がある場合には、治療をして後日になります。

虫歯がないかどうか等レントゲンでみる事もあります。歯に器具を装着します。その際に口の中をキレイにします。歯石などの汚れはこの時にキレイにします。薬剤を塗布します。歯茎にはつかないように保護薬剤を付けるので安心です。

その後にライトを当てます。だいたい10分から15分程度です。ここ最近はLEDライトが優しいのでつかっている歯科医が多いようです。うがいをして、薬をキレイに洗い流します。一週間後歯科医にみてもらって、シミや痛みがないかの確認をし、ホワイトニングの効果がどれくらいでているのかを前回の写真と比べてみます。さらに一週間後で、またシミや痛みがないかの確認をします。

このホワイトニングの期間中にはなるべく着色のある食べ物や歯磨き粉などは避けるようにします。キムチやチョコなども避けた方がいいです。漂白されている分、汚れも付きやすいので注意が必要です。

オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングには確実に歯が白くなる方法です。このオフィスホワイトニングをする事でのメリットデメリットをお伝えします。

メリットは1回目の処置でホワイトニングの効果がでるので、早く白い歯になる効果を得たい人にはお勧めです。医師が使う事ができる高濃度の薬剤と強い光を当てる事で漂白をする事ができるので、色を出す事ができます。さらに2回3回と続けてする事によって、さらに効果を得る事ができます。歯の黄色さや黒さを気にする人は、かなりの効果が期待できます。

デメリットは、1回の処置で白くなりますが、時間と共にもどってしまう事です。3回程すると効果があると言いましたが、それでも続けてオフィスホワイトニングしないと、もとにもどってしまいます。半年か1年ほどに1度は通うなど、オフィスホワイトニングに通い続ける事が白さを保つ秘訣です。

またオフィスホワイトニングに使われる薬剤は安全なものでもありますが、濃度の濃いものを使うので、痛みが出る事もあります。今は出ない方法や技術ができてきていますが、中には痛みを伴う人もいるようです。そういった濃い薬を使う事で、白くなるメリットのある半面、そういったデメリットもあります。

オフィスホワイトニングとは

肌がきれいだね、と言われるのと同じように、歯がキレイという人は、印象が好印象です。歯がキレイだね、という誉め言葉はあまり聞きませんが、汚い人よりも清潔感は何倍も違います。特に芸能人は歯が命というCMがあったくらいに芸能人の人たちは歯が白くてキレイです。人に見られる職業というのもあり、やはり歯が白いと印象が変わる事から多くの人が意識しているのかもしれません。

芸能人の人も多くしているというのがオフィスホワイトニングと呼ばれるものです。ここ最近よく見聞きするようになりました。歯医者で取り入れている所も少なくありません。薬剤と光を当ててする方法で、少し人工的な色にも見えがちですが、歯を白くすることができます。歯自体には影響はなく、むしろキレイに見えるので、注目度が高いものです。

オフィスホワイトニングは、もともと日本で作られたものですが、日本での許可が得られなかった事からアメリカで使われるようになった事で、逆輸入ものです。濃度の高い漂白剤(過酸化水素)使う事で許可が下りなかったのもあり、安全性はわかっていながら立証できないのもありましたが、アメリカでの実体験や実証があるおかげで、今はオフィスホワイトニングが日本でも安全なものという事の認識ができています。

同じものでホームホワイトニングというものがあります。違いは薬の濃度で、オフィスホワイトニングの方が濃いので早く白くなります。ホームホワイトニングは薄い薬剤なので時間をかけて白くなります。